【きょうの料理】タサン志麻「じゃがいもとイカのレモンあえ」の作り方

2020年11月10日放送のNHK・きょうの料理
大人気!伝説の家政婦・タサン志麻さんが

旬の「じゃがいも」を使った家庭料理「じゃがいもといかのレモンあえ」のレシピを教えてくださったの紹介します。

「じゃがいもといかのレモンあえ」材料(2人分)

・いか 1杯150g
・じゃがいも(メークイン)2個300g
・豆苗 1袋100g

【A】
・しょう油 大さじ2
・砂糖 小さじ1
・すりおろしにんにく 1片分
・レモン汁 1/2~1個分

「じゃがいもといかのレモンあえ」作り方

① じゃがいもは皮をむき5㎜厚の拍子木に切り、強火で1~2分ゆでる。

POINT

堅めに茹でてシャキシャキ感を楽しむ

② じゃがいもを取り出す直前に豆苗を入れて、直後両方を取り出す。(お湯はこぼさず3⃣で使います)
③ ②のお湯でイカを茹でる。沸騰しない程度の火加減で2分間。
④ 大きめのボウルにAを入れて混ぜる。
⑤ いかを鍋から取り出し、②のじゃがいもと豆苗とともにAで和える。

伝説の家政婦・タサン志麻とは

志麻さんは
依頼が殺到して予約が取れないため「伝説の家政婦」と呼ばれています。

料理を専門とする家政婦で
冷蔵庫にある食材が
3時間で1週間分・10品以上もの本格メニューに仕上がります。

フレンチ、和食、中華、デザートなどなど
600を超えるレシピが頭に入っていて
「できない料理はないですね」と。

まるで魔法使い。

最近再放送があった「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ましたが

今はこんなに輝いていらっしゃる志麻さんに
「家政婦という仕事に胸を張れなかった」日々があったなんて衝撃でした。

育児と仕事で疲れている「お母さんたちを助けることが出来たら」という思いが
志麻さんのお料理をさらにおいしく素敵にさせるのかもしれませんね。

「『笑顔の食卓を作ること』が私の仕事」
主婦にとっても大事な言葉をいただいたような気がします。

ってひとりなんですけど

山口県長門市のご出身。

志麻さんの人気レシピ・メニュー本

訪問先のお宅にあるものを使って調理する志麻さんが
例外として持参していたのが
キャロットラぺづくりに欠かせないこちらのスライサー

おしまいに

レモンの酸味でサラダ感覚で食べられそうな
志麻さんの丁寧なお仕事が光るレシピでした。

ぜひご家庭でも作ってみてくださいね。

ご覧いただきありがとうございました。

50からのおひとりさま入門
タイトルとURLをコピーしました